補完学習活動「ろう者と通信について学ぼう!」学習指導略案

1 対象

手話奉仕員養成講座修了者(10名を想定)
聾学校教員(1年目、手話検定2~4級レベル)

2 指導の形態

通常教室(120分)

3 指導の目的

1)通信の定義を知る

2)聴者とろう者における通信手段の違いを知る

3)ろう者の通信における現状を理解し、今後の展開について考えることができる

4 指導にあたって

・KJ法を用いた整理手法を習得することで、学習者自身の思考力向上へ貢献するとよい。

・グループ討議に進む際には、一人一人が想像力を持ち、課題発見および対策を整理することができるように、ワークシート(白紙)を準備するとよい。

5 本時の展開


学習活動 指導・支援内容
(留意事項及び配慮事項)
評価の観点


60
・持っている知識を出し合う
・通信について理解する
・KJ法の説明(目的と方法)
・KJ法で「通信手段」に関して、付箋紙に1葉/枚毎に記入し、カテゴリー毎に分別する(3人/組)
・学習課題を掲示する
・KJ法で整理した通信手段の中から、ろう者が利用できる範囲を確認する
積極的に参加できているか【観察】


20
映像視聴
・ろう者が利用している通信手段について理解する
※映像視聴
「通信の歴史」[0:00~6:00]※約6分半
・視聴後はワークシートに2までまとめることを促す
映像をしっかり視聴し、ワークシートに記入できているか【観察】



40
議論 議論(模造紙を配布)
テーマ『ろう者が利用している様々な通信手段の長短を考えてみよう』(5人/組)
議論を通して、ろう者における通信手段の理解を深めているか【観察】
まとめ
発表
それぞれのグループから代表を決め、発表してもらう
ワークシート3をまとめる
[指導者のコメント]
通信手段の発達における恩恵と将来への希望を簡潔に述べる
ワークシートに考察をまとめられているか【考察】

6 参考・引用文献またはWebサイト

・ろう者学教育コンテンツ開発プロジェクト,https://www.deafstudies.jp/info/vidarc/,ろう者学教育コンテンツWebサイト,井上正之先生「通信の歴史」

作成:繁益 陽介(2015年)
編集:ろう者学教育コンテンツ開発取組担当

【資料のダウンロード・映像の視聴】